TOP PAGE

身近に私たちの生活の周りにあるのに、実はそこまで詳しくは知らないもの、それは、病気や何らかの症状に罹ってしまった際にお世話になる「お薬」であると思います。つい最近、医薬品のインターネットでの販売が解禁されました。これを機に、私たちの日常において、ますます“医薬品“の存在は身近なものとなってくる事でしょう。このサイト「医薬品ビギナーズ案内所」では、普段お薬とはあまり縁のない健康な方にも、服用方法や注意点についての知識をつけていただき、万が一の際に備えてもらう事を目的としています。
また、全国より投稿いただいた口コミでの「服用体験談」も掲載していますので、ソチラも合わせてご参考下さい。

おすすめサイト

  • 最近は個人輸入代行サービスのホームページで簡単に購入できるシアリスですが、本来は医師による処方薬ですので、自己責任となりますのでご注意ください。
  • 自分にとって最も必要な自動車保険を選びたいなら、多くの会社から時間をかけずに一度に見積もりを行える「一括サービス」がベストです。詳しくは自動車保険見積もりの総合情報サイトをチェックしてみください。
  • お安く購入したエアコンでも、取り付け工事が割高に設定されている販売店にご注意ください。
    お安い設置料金のエアコンの取り付け工事はこちらからお申し込みください。
  • 借金問題に関してのご相談なら、何でも承ります。法律の専門家が全国対応で解決へ向けて努力する債務整理 香川へ是非一度ご連絡ください。
  • ネットでの一括の引越し見積もりサービスをご存知でしょうか。簡単な情報を送信するだけでスグに数十社の引越し業者から比較見積もりを行えます。
  • 今やお得に引越しを行う上で、ネットでの比較見積もりは常識ですが、このサービスも様々なものがあり、それぞれの引越し見積もりの違いを知っておく事も重要なのです。

ウッカリやっちゃってませんか?薬の効果が台無しの飲みあわせ

風邪をひいたら風邪薬をリポビタンDで飲めばよく効く、というウワサを聞いたことはありませんか?
逆に薬はお茶で飲んではいけないとか、ジュースで飲んではいけないとか、そういうウワサには根拠があるのでしょうか。
ウッカリ自分もやってしまいそうな薬の飲みあわせについて挙げてみました。

■お茶・コーヒー・紅茶など
職場でランチの後に薬を飲むといったような場合、お茶や紅茶・缶コーヒーなどで薬を飲んだことはないでしょうか。
わたしもついついやってしまうのですが、お茶に含まれるタンニンやコーヒー紅茶に含まれるカフェインが一部の薬と相性が悪いのです。
まずお茶のタンニンは単体ではよい働きもするのですが、貧血のために処方された薬(鉄剤)を体に吸収できないようにしてしまいます。
コーヒーなどのカフェインもそれ自体が悪いものではありませんが、鎮静剤や精神運動抑制作用と作用が逆行するため薬の効果を低下させてしまいます。
さらに胃腸薬(カフェインを体から排泄する薬)や痛風の治療薬(尿酸を体から排泄する薬)とも相性がよくなく、薬効を低下させたり動悸などを引き起こしたりする場合があります。

■お酒
養命酒のイメージからか、お酒で薬を飲むと早く効くと考えている人もいるようですが、睡眠薬や頭痛薬を飲むときは避けた方が良いです。
薬が効きすぎて記憶障害になったり、胃や肝臓に悪影響が及ぶ場合があります。

■コーラ・サイダーなど
暑い時期ですと冷蔵庫に常備してある炭酸飲料で薬を飲む、という人もいるかもしれませんね。
外国では胃薬を炭酸飲料で飲むという習慣もあるようです。しかしアスピリンなどの鎮痛剤は炭酸飲料と一緒に飲まない方が良いのです。
炭酸飲料のペーハー(ph)の酸度が強いためアスピリンの吸収が悪くなるのです。

■牛乳
私の母は骨粗鬆症で薬を処方されていました。私は善意で牛乳はカルシウムたっぷりだから牛乳で飲んだら効果倍増じゃない?といったのですがすぐに却下されました。
そのカルシウムのせいで薬効が台無しになるというのです。母がお医者さんの説明をちゃんと聞いていてくれてよかったです。
ほかの薬の場合にも胃の中でカルシウムが薬の成分と結合し、胃酸で中和されてしまって効果が半減する場合があるとのこと。
お酒を飲むときは胃に膜を張ってくれるから先に牛乳を飲むとよいと言いますが、薬はだめなんですね。

■グレープフルーツジュース
果物のジュースにもいろいろ副作用がある場合があるのですが、なかでもグレープフルーツジュースは命に係わる場合も有るので注意が必要です。
副作用は大抵の薬の薬効が強くなりすぎてしまうことです。抗ヒスタミン剤や睡眠鎮痛剤、免疫抑制剤などが影響をうけます。
なかでも狭心症に用いられる薬とは相性が悪く、ひどい時は亡くなる方もいます。
お医者さんからよくよく注意されているとは思いますが、うっかりジュースを飲んで発作が起きたりしないように気を付けましょう。

いかがでしょうか。けっこう深く考えずにやってしまっていることはありませんか?
では、薬を何で飲むのか一番良いのでしょうか。答えは白湯です。
なかなかわざわざ準備することのない白湯ですが、お湯を沸かしてカップに入れてしばらく放置しておけばよいのでお薬は白湯で飲みましょう。

関連情報

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ